本文へジャンプ
生薬天然物部会
(2013/6/18更新)
(主催: 日本薬学会 生薬・天然物部会、共催: 日本生薬学会、京都大学薬学研究科、ほか)
会場: 京都大学薬学研究科・記念講堂ほか
日時: 平成25年11月1日(金)〜2日(土)
実行委員長: 掛谷秀昭(京大院薬)
懇親会: 平成25年11月1日(金) ハイアットリージェンシー京都
過去の「今月の薬草」はこちら
 
今月の薬草
ベニバナ

画像クリックで詳細表示

お知らせ
生薬天然物部会事務局:
長崎国際大学 薬学部 薬品資源学研究室内
〒859-3298 長崎県 佐世保市 ハウステンボス町 2825-7
Tel: 0956-20-5740 
長井長義
1886年、麻黄(下写真)から
エフェドリンの抽出に成功、
その後,、大量合成が可能であることを証明。
第5回食品薬学シンポジウム(平成25年11月1日〜2日)のご案内

シンポジウム案内からシンポジウムHPを閲覧できます

 
※ホームページが開設されました(2013/6/1)







Topic 1
Topic 2
第3回食品薬学シンポジウム
(2009.11.12〜13、近畿大学)
スライドショー
「天然薬物の開発と応用シンポジュウム」ポスター
(11月11〜12日)
 

(2011/6/3更新)

内規・申請書

※Copyright 2007 Division of Natural Medicines, The Pharmaceutical Society of Japan All right reserved.