表彰について


物理系薬学部会が授与する賞は以下のとおりです。
・物理系薬学部会奨励賞 →応募資格等はこちら
・各シンポジウムでの発表賞 →応募資格等は各シンポジウムのホームページをご覧ください。

 
    

物理系薬学部会奨励賞


平成29年度(2017年度)受賞者は次の通りです。                  
        
 小川 祥二郎 氏(東京理科大学薬学部)         
 「ESI増強重水素標識試薬のデザイン・合成と微量生理活性物質分析への応用」         
 蛭田 勇樹 氏(慶應義塾大学薬学部)         
 「診断技術への応用を目指したスマートポリマープローブの精密設計」
 佐野 紘平 氏(神戸薬科大学)         
 「水溶性ポリマーを母体とするがんの診断・治療用プローブの開発」          

平成28年度(2016年度)受賞者は次の通りです。                  
        
 淵上 剛志 氏(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科)         
 「難治性脳疾患の非侵襲的病態解析を目的とした分子プローブの開発」         
 村山 周平 氏(放射線医学総合研究所)         
 「刺激応答性ナノ粒子を用いた生理活性物質の機能制御法の開発と医療応用への展開」
 渡邊 裕之 氏(京都大学ウイルス研究所)         
 「アルツハイマー病の早期診断および治療薬開発のための分子イメージングプローブの開発」          

平成27年度(2015年度)受賞者は次の通りです。         

 天滿 敬 氏(国立循環器病研究センター研究所)         
  「がんおよび動脈硬化の病態機能分析のための
     インビボ分子イメージングプローブ開発に関する研究」         
 山本 武範 氏(徳島大学疾患プロテオゲノム研究センター)         
  「プロテオミクスによる分離分析技術と生化学的解析を応用したミトコンドリア研究」

 
      

各シンポジウムでの表彰


平成29年度(2017年度)の各受賞は次の通りです(順不同、敬称略)。
        
第27回金属の関与する生体関連反応シンポジウム
・ポスター賞
   中村 大介:Use of the malfunction of cytochrome P450BM3 induced by decoy molecules
           with an aromatic ring for the propane hydroxylation
   菊地 千陽:Design and synthesis of cryptand-type chiral Zn2+ complexes for
           asymmetric aldol reaction
   殿村 篤史:Construction of amyloid fibrils-Cu(II) complex and catalytic activity
           in asymmetric Michael addition reaction
   覚道 聡子:Roles of residues 72 and 241 in drug discrimination between CYP2C9 and 2C19
   武田 貴成:The unique interaction between the dependency on ZNT and the substrate
           specificity in the zinc-requiring ectoenzyme, ENPP.
   西藤有希奈:Characterization of the metal substrate specificity of ZnT transporters
   横井 健汰:Design, synthesis and cancer cell death induction of cyclometalated
           iridium(III) complexes that contain cationic peptides at 4’-position of
           phenylpyridine ligand



平成28年度(2016年度)の各受賞は次の通りです(順不同、敬称略)。

第29回バイオメディカル分析科学シンポジウム
・『星野賞・研究奨励賞』
   小川 祥二郎:非侵襲ステロイド検査試料としての爪の有用性
   松岡 悠太:アスコルビン酸の迅速かつ高感度な検出に向けた
           長波長蛍光ニトロキシド化合物の開発
・『星野賞・優秀発表賞』
   中村 里菜:酵素活性を持つペプチドの発見:
           アミロイドβを分解するセリンプロテアーゼ様ペプチド
   高山 卓大:誘導体化LC-MS/MS測定法による高精度キラルメタボロミクスの開発と
           生体試料分析への応用
   小笠原 実穂:金属錯体生成を利用したリン酸化合物のポジティブイオンモードによる
            質量分析  

第14回次世代を担う若手のためのフィジカルファーマフォーラム
・優秀発表賞
   粟生木美穂:Dipicolylamineを用いたアポトーシスイメージング薬剤の開発研究
   細川由香里:脂質ナノディスク複合体を用いたシトクロムP450の薬物代謝評価系の
            構築
   井上 大輝:可視光で機能するActivatable 型新規光反応性基の開発
   大山  諒 :X線自由電子レーザーを用いたP糖タンパク質ホモログの
            連続フェムト秒X線結晶構造解析
   栁澤 拓摩:キラル誘導体化試薬の開発とアミノ酸の分離挙動解析
   扇田 隆司:細菌Ⅲ型分泌装置のエフェクター輸送機構解明のための回転
            -分泌相関の検討
   渡邊由宇太:一分子蛍光測定法を用いた二回膜貫通ヘリックス会合駆動力の測定
   有吉 泰亮:α-シヌクレインの核医学イメージングを目的とした
            ベンゾイミダゾール誘導体の合成と評価
   磯川 宗生:アミド修飾ピラーアレイカラムを用いた生体チオールのオンチップ分離
   神野伸一郎:1分子多色性を有する π電子系色素の合成と光機能
        
第26回金属の関与する生体関連反応シンポジウム
・ポスター賞
   馬越 恭平:Crystal structures of proteolytically C-terminal truncated fungal tyrosinase
   村木 則文:Structure-function relationships of cobalamin-dependent photosensing
           transcription regulator CarH
   小林  紀 :NMR characterization of the interaction between cytochrome c
           and cardiolipin-incorporated bicelles
        
第38回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム
・学生優秀発表賞
   前田 仁志:NASH病態におけるDDS戦略の限界と一酸化窒素による治療抵抗性の克服
   大野 智恵:容積感受性アニオンチャネル阻害剤DCPIBによる胃プロトンポンプ活性阻害
   佐伯 尚紀:血管平滑筋細胞においてカベオラと結合膜構造が構築する
           Ca2+マイクロドメインのナノイメージング解析





平成27年度(2015年度)の各受賞はこちらをご覧ください。
平成26年度(2014年度)の各受賞はこちらをご覧ください。
平成25年度(2013年度)の各受賞はこちらをご覧ください。

 
   

▲ページ先頭へ